広くて小さい場所・・広小場


先週の土曜日に久しぶりの友達と会ってどこか涼しいところへと三城の広小場に行ってみた。
(広小場っていうのは美ヶ原への松本側からの入り口のひとつなんだよ)

この日の松本は36度位になっているけど標高1500mの森の中を沢沿いに歩くとけっこう涼しいぞ。




三城から広小場までこういう渓流沿いに歩く。
d0143700_0411136.jpg



見上げるとこんな感じだよ。
d0143700_0455272.jpg



夏から少し秋を感じる花。
d0143700_0431165.jpg



森の中の空き地が広小場。
d0143700_0433971.jpg



寝転んで真上を対角魚眼で撮ると楽しいぞ。
d0143700_0435715.jpg



真夏はこの辺りからもっと上で涼んで過ごしている。
d0143700_0442285.jpg



みんな魚眼レンズでこういう風に見上げて撮るよね。
d0143700_0464598.jpg



この日(8月8日)は立秋だったのかな。
たしかにこの日から(いや、前の日だったかな)まだ暑いんだけど高い空に巻積雲が出ていたぞ。

三城で車を降りてから30分も歩くと広小場に着いてしまうんだけどすごく好きなコースだ。
広小場から美ヶ原の台上までは標高差500m位の急登なんだけどね。

広小場に初めて来たのはもう30年以上前になるかな。
それからここに新しい看板が出来たり沢に下りる(すぐ横が沢だ)木の階段みたいのが出来たりしたけど
それらももう朽ちて無くなってしまっている(しっかりとした東屋だけは残っているけど)

最初に来た頃と今はほとんど変わっていないなぁ(嬉しい)と今回思ったけど
変わっているのは時間を経て年をとった自分だった。
まあ中身は大して変わってないのが困った・・かな(まあいいや)

うん、また来よう。

そうだ今回ペンタックスの10-17mm魚眼ズームを使い始めたけどこれすごく面白い。
10mmの時に対角魚眼でそこから17mmに向かって大人しくなってくるレンズ。
でも画面周辺に輝度差が激しいものが有るとパープルフリンジが強く出る事が多い。
今回は使い初めなのでJPEGでしか撮っていないけどRAWでとって補正するとましになるかな?
(こんな話は広小場の良い感じを伝えるには、じゃまになるだけだったか)
[PR]
by ALTI865 | 2015-08-13 00:53 | 日々 | Comments(0)
<< 夏+秋の季節 盛夏 >>