アキアカネの季節

今時期、家の周りに沢山居るアキアカネの一生はこんな感じらしい。

春に孵化してヤゴとなり水中で育ち、初夏の夜に羽化して成虫になり
すぐに標高の高い所にに移動し涼みながら夏を過ごす。
秋になり下界が涼しくなった頃に降りてきて秋を過ごし交尾、産卵。
寒くなる12月頃に一生を終える。

d0143700_032798.jpg
日中はよくこの様に日向ぼっこをしている。


d0143700_034729.jpg
ここはすぐ川の向かいなんだけど、この川に産卵しても大雨で水量が増えると
幼虫は流されてしまうと思うけどどうなんだろう?

秋~晩秋に産卵して春に孵化するということは卵は水中で冬を越すという事なんだな。
[PR]
by ALTI865 | 2011-10-11 00:23 | 日々 | Comments(2)
Commented by yuzuchan9775 at 2011-10-11 18:33 x
いい写真ですね。感動します。
これから秋が終り、段々と冬に近づく情景が浮かんできます。

こちらのアキアカネはこれほど赤くならないようです。もう少し
オレンジがかっています。畑に張ったマルチを水と勘違いして
産卵行動をしていますが、可哀そうになります。
Commented by ALTI865 at 2011-10-11 21:58
yuzuchan9775さん ありがとうございます。
写真を撮っている時、少しだけゆっくりとした様な
でもちょっと不安な様な秋の時間を感じられた気がしました。

今回少しだけ赤とんぼの事を調べてみましたが赤いトンボも何種類か有るようでした。
野に有るものはとても好きなんですが知らない事だらけで
気にかかってからその都度あたふたと調べると言うかんじです。

トンボ達には黒く光るビニールマルチが水面の様に見える様ですが
どこかの本当の水面に産卵してほしいですね。
<< リンゴドクガかな? 10月4日 初霜 >>