間引き菜の季節と日本ミツバチと

5月21日(だったかな?22日かも)に播いたチンゲンサイと小松菜と二十日大根が
間引き菜として食べられる大きさになってきた(小松菜が一番大きくて15センチ前後かな)
d0143700_21561813.jpg
(写真がちょっとブレているかも)

この他にはほうれん草やミズナ、ニンジンと小カブなんかもこれから間引き菜の候補だ。
間引きたい時期は一気に来たりするので、食べるのに忙しくなるのだよ。



それと今日楽しい事が・・・
今借りているこの古い家の屋根裏に日本ミツバチの巣が有って、ミツバチ好きな知人が(居るんだよそういう人が)
採りに来て、その後巣箱を1つ置いていったのが2年前の7月。
そして今日、ふと巣箱を見たらミツバチが出入りしていた!(去年は変化無しで、やっぱりダメかなっと思っていた)

        
        巣箱はこれ。
d0143700_2265679.jpg


d0143700_22101768.jpg
花粉を運んでから出て行く2匹。
周りにこぼれた黄色い花粉の塊の粒が見えるかな? これからが楽しみだ。
[PR]
by alti865 | 2011-06-13 22:13 | | Comments(2)
Commented by 秋。 at 2011-06-19 07:00 x
おはようございますっ!
しっかり?メガネなくても見えましたよッ~花粉(嬉♪)(^‐^)v
花粉は足で運ぶんですね…実は針に刺してくるのかなと思ってました。
ミツバチ(初めてアップでじっくり)は可愛い…ミツバチブログも楽しみに
しています☆
Commented by alti865 at 2011-06-19 10:46
秋さん いらっしゃいませ。
花粉は後ろ足にけっこうな大きさで付けてくるんです。
花粉を付けずに巣箱に帰ってくるハチもたくさん居て
それは多分、蜜を運んでいるだと思うけど今度調べてみます。
<< 一日の始まりに 福島原発ライブカメラ >>