タグ:PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6ALII ( 23 ) タグの人気記事
リョービチェンソー ESK-3500の修理

え~っと、今回は知り合いのチェンソーの整備と修理の話。

リョービ ESK3500・・多分ゼノアのG3500系のOEMだと思う。

症状は燃料漏れと白煙が出る事がある・・白煙はとても良くない気がするぞ。
外観、中身とも細かな木屑で覆われていてエアクリーナーを外すとキャブレターの中まで
木屑でコーティングされているようになっていた・・これはエンジンの中もかなり痛んでいるかも知れない。

d0143700_23554919.jpg
          エアでゴミを吹き飛ばしてからシリンダー、ピストンを外してみる。
          細かな木屑はチェンオイルで固まっていてあまり取れなかった。
          ピストンとシリンダーに焼きつき有り。これは使っているオイルが良くないからだと思う。


d0143700_23555899.jpg
          エンジン部分とハンドル、タンク部分を分離。燃料ホースやグロメットに痛みは無いなぁ。
          燃料タンクのエアドレンが詰まっている気がするのでばらして掃除。
          焼きつきは軽症なのでサンドペーパーで落としてからオイル溝を付けておく。


d0143700_23561160.jpg
          クランクケース内をガソリンで洗浄後、タンク部分を付けてシリンダーも組み立てる。
          キャブレターをばらして掃除。
          ダイアフラムは痛んでいない社外品が付いているのでまえに誰かが交換しているようだ。


d0143700_23571189.jpg
          今回のいちばんの問題はオイルポンプだった。
          どうもチェンオイルに植物性のものを使っていたようでポンプが固まっているぞ。
          なのでウォームギアが壊れてチェンオイルが出ていなかったようだ。
          白煙っていうのはチェンとバーが焼けたのかもしれない。
          それとチェンブレーキが焦げてカバーが溶けていたので白煙はこっちかな?


オイルポンプは自分の余っていたものに付け替える(買うと5000円位するんだよ)
チェンオイルをタンクから抜いてガソリンで洗ってよくある鉱物性のものを入れる。
自然分解性が高い植物性オイルは毎日使っているといいんだけど
たまにしかチェンソーを使わないならオイルポンプの中で固まってギアを壊すようだ。

チェンブレーキ周りは溶けたプラスチックを落とすとまだ使えそうだった。

燃料漏れは治まっているのでエアドレンが詰まってタンク内圧が高くなってグロメットから漏れたか
エアドレンがゴミでピッタリと閉じずにそこから漏れたか、かな?

バーもけっこう傷んでいたのはやはりチェンオイルが出ないまま使っていたからかも知れない。
でもまだ軽症なのでバリを削り取ってスプロケットにグリスを入れるとまだ使えそうだった。

後はソーチェンの研ぎが良くなかったので直す。

エンジンオイルはバイク用じゃなくてハスクバーナの50対1のものを使った方がいい。
でないと次回は本格的にエンジンを焼きつかす事になると思う。
チェンオイルは今の使い方だと植物性のものはやめておいた方がいい。
細かな木屑がこびりついていたのはこのチェンオイルと切れないソーチェンのせいかな。

そしてハスクオイル混合の燃料を入れてキャブレターを調整して使ってみると・・とても調子がいい!
[PR]
by ALTI865 | 2016-01-27 23:58 | チェンソー | Comments(0)
プラグホール内へのオイル漏れ修理のその後


前回修理したプラグホール内へのオイル漏れは上手くいったけどその時に少し不安だった
カムシャフトが剥き出しのヘッド部分の写真に写っていたオイルシールとオーリングは
やはりその後オイル漏れしてきたんだよ。
その場所はカムシャフトのディストリビュータ側のオーリングからだった。

最初にオイル漏れに気が付いた時はタペットカバーのパッキンからだと思ったので
パッキンに液体パッキンを塗ってまた組んでみて様子を見るとどうもディストリビュータの
付け根から漏っているようだった。

調べてみるとディストリビュータを外してその付け根にあるカラーの2本のオーリングを交換すれば良いみたいだ。


d0143700_2148144.jpg


これもそんなに難しくなさそうだけど点火時期を狂わさないように
ディストリビュータとシリンダヘッドの合わせ目にケガキ線を入れることにした。
その場所はディストリビュータの下側の取り付けボルトの所がヘッドと同一面になっていて
分かりやすそうなのでそこにケガキ線を入れてみた。

プラグコード4本と負圧制御しているホース2本を外し取り付けボルト2本を外すとデスビは取り外せる。
コードが繋がっているけどデスビ本体を下ろす訳ではないのでそのままで大丈夫だった。

ヘッド側にオーリング付きのカラーが有るのでそれを抜き取る。


d0143700_2147296.jpg


カラーのオーリング2本を新品に取り替えてまた組み付ければ終了。
デスビをヘッドに入れるときにデスビの取り付けカプラーが180度の角度ずつで取り付き
逆に付けるとエンジンが掛からないのでその時はまた外してカプラーを180度回して取り付けると大丈夫。
(実はこれ、やりました)
カムシャフトを触るとカプラーが入る溝が分かるのでその角度にカプラーを合わせて入れるけど確立は二分の一だ。
カプラーを触らないようにしていたけどカラーを押しこんだりしていると(新品オーリングは入り辛い)
知らないうちにカプラーを回してしまい「あれ、どっち向きだったかな?」となってしまうんだよ。

ケガキ線をピッタリと合わせると点火時期は大丈夫だと思う。
組み立て後にエンジンをかけてそこいらを走ってみる。
長い登り坂を低めのギアーで回転を上げて走ったり平地も高回転で引っ張ったりしてオイルが漏れないか試してみる。
大丈夫、漏れていなかった。




最初に書いた記事予定の「5:アルミホイルのタイヤ組み換え」は
そんなに大した内容じゃないので書くのを止める事にします。

そしてこのホンダアクティを弄るのも今回が最後になりそうです。
少し前に軽の乗用車を貰える事になってその他に荷物運び用に軽トラックの中古を買ったんだよ。
そしてこのホンダアクティは欲しいという人が居たのであげる事にしたんだ。
またその経緯は何時か書くかも知れないけど何時になるかな。



そうだ、もう年が明けていたんだった。この冬は暖かいね。
この先はどうだろうか?1月~2月に春のタイプの大雪が降ってその後ぐっと冷えるんじゃないかな。
修理済みの中古除雪機の出番があるかも知れないぞ。
薪ストーブは2次燃焼が出来るように改造して調子もいいし少し位寒くなっても平気だよ・・
なんて書くと大雪と極寒の日々になるかな?
[PR]
by ALTI865 | 2016-01-02 22:14 | 車&バイク | Comments(0)
4:ホンダアクティ リーフスプリング折れでスプリング交換


これは何時だったかな。割合と最近の話だよ。
走っていると後ろの下の方で変な音がするので音の出る場所を探してみた。
たぶん板バネの当たりだなと見ていると3枚で出来ている板バネの真ん中の後ろ半分が無い・・
これはとてもまずいぞ。

新品は高そうなのでオークションで中古を探すと送料込みで3000円位で有ったので買ってみた。
それはHH3の軽トラ用のリーフスプリングだったけど来てみるとなんか長さが違うぞ。
最初は重みが掛かっていなくて反っている状態なので短く見えるだけだと思ったけどやっぱり短い・・
軽トラと箱バンで長さが違うのかぁ。どうしようかなぁ。
よく見ると3枚の板バネの内の真ん中のものはほとんど同じ長さなのでばらしてそれだけ入れ替える事にした。

板バネの前のボルト、後ろのシャックルのナット、真ん中のアクスルビームに繋がっている所のナットを外す。


d0143700_23405912.jpg



外した板バネの前側で束ねている所を少し開き(ここは軟鉄なので柔らかい)
真ん中のナットを外せば3枚の板バネがバラバラになる。
同じようにばらした板バネの真ん中のバネを入れ替えて組み立てて取り付ければ終了。
そんなに難しくはないけど板バネの取り付けナットはセルフロッキングで
再使用不可なんだけどそのまま再使用した。
そうか、再使用するときはねじロックを使えば良かったかな。

外した板バネはとって置いて何時か鋼材料として使おうと思う。
[PR]
by ALTI865 | 2015-12-19 23:58 | 車&バイク | Comments(0)
3:ホンダアクティ エンジンプラグホール内へのオイル漏れ修理


これはなかなか役に立った修理だった。

以前からプラグホールの中にエンジンオイルが溜まってきているのは知っていたが
そんなにエンジンの調子に変化を感じなかったので何年もそのままにしておいたけど
ここ1年位で燃費が落ちてきたのでいよいよ修理をしてみるかなという話。

プラグホールにエンジン内のオイルが溜まってしまうのはヘッドカバーのプラグホール部分の
パッキンとその下側にあるロッカーアームホルダー(こんな名前かな?)とシリンダーヘッドの間にある
オーリングの部分からオイルが漏ってくるからだ。



d0143700_22533097.jpg



d0143700_22542450.jpg
          まえにタイミングベルトを交換した時に液体パッキンを塗ってヘッドカバーのパッキンを再利用したんだった。


d0143700_22545690.jpg
          アクティを中古で買ってから最初の車検時に開けた時より中は綺麗だ。
          適切にオイル交換しているとこうなんだな。


d0143700_2255367.jpg
          ロッカーアームのホルダーを一体で取り外すのだけどバラバラにしないようにボルトを針金で繋いでおく。


d0143700_22563232.jpg
          無事に取り外し成功。この下側にプラグホールのオーリングが有る


d0143700_2257590.jpg
          古いオーリングは硬くなっているので交換。
          オーリングは内径31mm、線径2.5mmだったかな?自分で計ったので正確ではないかも。
          耐油のオーリングなら汎用品でも使えるんじゃないかなと思った。


d0143700_22573432.jpg
          カムシャフトが剥き出しのヘッド部分。
          両端のオイルシールとオーリングはこのまま使って大丈夫なのか疑問だったけど
          そのままにしたよ(オイル漏れするかな?)


d0143700_22594796.jpg
          液体パッキンをここに塗ってくれという事なんだけど
          もしかしたらカバーの溝側にもこの位置に塗った方がいいのかも知れない。


(忘れるので記録として・・)
ロッカーアームアッシーを取り付けるときは内側のボルトから何回かに分けて締めていく(締め付けトルク2.2Kg-m)
ヘッドカバーのボルト2本が入る部分が長くなっているのでトルクレンチを使う時に8mmのロングソケットがいる。
ヘッドカバーのボルト4本は1.2Kg-mだった。
バルブクリアランスは IN 0.18-0.22mm EX 0.25-0.29mm これはM-HH4の数値なのでV-HH4も同じかどうかは分からない。
今回はINもEXもいちばん広い側に合わせてみた。
アジャストスクリューのロックナットの締め付けトルク 1.4Kg-m


今回はこの後・・

d0143700_9401137.jpg
          ディストリビューターキャップの掃除とローターの掃除。

d0143700_9421570.jpg
          フューエルフィルターの交換(ポンプ側のホースにはけっこうな燃圧が掛かっているので注意だよ)
          今回の17万キロ走行まで交換した事が無いフィルターは錆で赤くなったガソリンが留まっていたぞ。


そしてプラグ交換、オイル+エレメント交換(モリドライブのレスキュー 10W-40がとても良かった)
キャブレタークリーナー(ヤマハの泡のやつがとても良い)でキャブレター内の掃除。
エアエレメントの掃除。

今回の車いじりの結果・・とても良い!
この後に甲府方面に往復したんだけど行きは高速で甲府昭和まで、帰りは20号線で来て
そのあと普段使いで計400Km位の燃費が17.5Km/Lだった!
多分普通に乗って平均16Km/L位に戻ったと思う。
来年で20周年で現在17万キロ走行の軽自動車としてはかなり良いと思うのだけど。
プラグホール内へのオイル漏れを直す前は13Km/L前後に落ちていたので今回の車いじり効果は絶大だった!
[PR]
by ALTI865 | 2015-12-14 22:24 | 車&バイク | Comments(0)
2:ホンダ アクティ フロントブレーキキャリパーのオーバーホール(その2)



d0143700_0351956.jpg
          何時もはエアーでピストンを押し出すのだけど錆びて固着しているので
          ブレーキを踏んで押し出してみた。


d0143700_0361441.jpg
          こうやって外せたけどけっこう大変だった。


d0143700_037143.jpg
          ブレーキを踏んである程度までピストンを出す事が出来れば後はエアーでいけるはずだったが
          いつもどうりキャリパーを外しブレーキホースが繋がっていた穴に
          小さな穴を開けたゴム板を押し当ててエアーガンで吹いてもピストンは出てこない。
          
          なのでその穴から鉄の棒でピストンをたたき出す事にしたんだけど
          ブレーキホースのユニオンボルトの入っていた穴はピストンの中心部分からずれているので
          たたき出そうとするとピストンを斜めにこじるようになる。
          
          少し叩いて斜めになって出るピストンを反対に叩いてこじりを直して・・を繰り返し
          キャリパーを痛めないようにピストンを出す(けっこう面倒だ)

          上の写真のピストンの底に鉄の棒が当たった跡が有るのが分かるかな。


この時は緊急お急ぎ修理なのでほとんど写真は撮っていないんだよ。
土曜日に故障発見、そして日曜日中に修理完了しないと車が使えないからね。
(それとシリコングリスで手がベタベタになっているのでいくら荒く使っても平気なペンタックスK100Dでも
あまり汚すのは可哀想な気もしていた)

キャリパーの内側はそんなに錆で傷んでいなかったので軽くホーニングするだけで大丈夫だった。
ピストンは錆で鍍金が浮かびあがっていたので交換。
ピストンとキャリパーにダストブーツを上手く嵌めるのが手こずった。
何年か前にやった時に「こうすれば上手く行くな」と分かったけどもう忘れていて
やり終わった時に「そうそう、こういうふうにやったんだ」と手と頭が思い出す。

この日はとりあえず左側だけ直してその後別の日に右側のキャリパーもオーバーホールしてみたけどね。

こういう重大な故障で緊急に直さなければいけない時に趣味の車いじりが挫けそうになるけど
今回は何とか上手くいってホッとしたよ。

写真があんまり無くて変な文章ばかりの記事になったけどまあこんなもんです。
(でもブレーキの調子はとてもいいぞ)
[PR]
by ALTI865 | 2015-12-12 00:38 | 車&バイク | Comments(0)
2:ホンダ アクティ フロントブレーキキャリパーのオーバーホール


これは何時だったかな? 今年の3月頃だ。

直線の下り坂をアクセルオフで下っていると何となく僅かにハンドルが左右に振れるような気がする。

目的地のスーパーマーケットの駐車場で点検してみる・・
前輪の何処か?何処だろう?と見ると匂う。
焼肉(ジンギスカン)をエンジンオイルで焼いて焦がしたような匂い。
ブレーキが焼けるとこんな匂いがする・・左前輪ディスクブレーキだ。
キャリーパーピストンが戻らずに引きずっていると思う(あせって触ると火傷する位熱いかもしれない)

どうしようか・・何回かガッンとブレーキを踏むと戻るかな・・戻らなかった。
でも完全にブレーキが固着している訳じゃなくディスクが赤熱する程では無さそうなので
買い物後にゆ~っくり家まで帰ることにしたよ。

しかしブレーキトラブルはとてもあせるね。 由々しき事態でとても危険だ。


d0143700_20344851.jpg
          その日(土曜日の午後)に急いで分解してみるとピストンが錆びてキャリパーに固着していた。
          松本市内の自動車部品屋にスクーターでキャリパーオーバーホールキットとピストン一個を買いに行く。
          (この過激によく走るスクーターの事もいつか記事に出来れば良いのだが・・)


d0143700_20453424.jpg
          で、まあこんなふうにオーバーホール出来た訳だがそれじゃあ面白くないので続きを書くけど
          疲れたのでまた次回に続くだよ・・


キャリパーオーバーホールキットは左右2つ分有るので右側もピストンはそのままだけど
オーバーホールしたのでその後はとても調子がいいぞ。
[PR]
by ALTI865 | 2015-12-08 20:50 | 車&バイク | Comments(0)
1:ホンダ アクティ タイヤのバルブ交換


ノーマルタイヤ(アルミホイル)とスタッドレスタイヤ(鉄ホイル)のエアーバルブを交換してみようっと。


去年の12月にスタッドレスタイヤに交換する時に発見したエアーバルブの傷み。
指で押すと根元が割れていて空気が漏ってしまう。
この際ノーマルタイヤも一緒にバルブの交換をする事にしたんだよ。


d0143700_19445661.jpg
          必要なのはこんなものかな。


d0143700_19453335.jpg
          バルブの根元はこんなふうになっている。


d0143700_19502164.jpg
          バルブコア(虫ゴムと同じ役目のやつ)を外して空気を抜きタイヤのバルブ側のビートを落とす。
          これはアルミホイルの写真だけど写真に写っていないがリムプロテクターを2個使って
          なるべくリムに傷を付けないようにしてみたけどね。



d0143700_19561226.jpg
          バルブの根元が見えるね。


d0143700_19573495.jpg
          そしてこうやって根元をカッターで切る。
          ラジオペンチで掴んでいるのは切った根元を中に落とすと面倒だからだよ。
          落とすとそれを出すのにはタイヤの反対側のビートも落とさないと出し辛いんだよ。


d0143700_2001128.jpg
          そして新しいバルブをリムの中から通してモノタロウで買った一番安いバルブを引っ張り出すやつで引っ張る。
          バルブの根元にビートクリームかシリコンスプレーを付けておくと楽だよ。
          バルブもモノタロウで購入したのだった。


後はコンプレッサーでビートがはまるまで空気を入れると完成。

マジックインキは反対側のビートも落とす羽目になった時にタイヤバランスをずらさない様に
印を付けておこうかなと思って用意したけど必要はなさそうだ。
それとバルブコアを外す為に先がマイナス溝のドライバーがいるね。

慣れると1本5分位で出来るけど今回は8本やって慣れるまでの最初は
切ったバルブの根元をタイヤの中に落として面倒だったぞ。


ふ~う、バルブ交換記事だけでこんなに写真がいるし文章を書くのも疲れるなぁ。
[PR]
by ALTI865 | 2015-12-08 20:16 | 車&バイク | Comments(0)
11月1日の夕暮れ

太陽を画面に入れるとその他は暗めになってしまう。


d0143700_19122672.jpg
実際はこんなに暗くないんだけどこれはこれでまあ良いか。


日が暮れると肌寒いね。
[PR]
by ALTI865 | 2011-11-01 19:14 | 日々 | Comments(0)
今日も暑いなぁ。
そのせいか家の前で首を伸ばしているやつが居る。


          よく見るとキリンだった。
d0143700_1230509.jpg


この辺りにもキリンが居る・・・じゃなくて光ファイバーが来るらしいので
おそらくその工事だと思う。
[PR]
by alti865 | 2010-09-04 12:32 | 日々 | Comments(0)
ホンダ アクティ タイミングベルト交換 (その4)フィニッシュ!

アクティのタイミングベルト交換記事の最終編・・・長かったぁ~
タイミングベルト交換 (その2)で、新しいタイミングベルトを付けてテンションをかけたところからの続き。

タイミングベルトカバーを付ける。
d0143700_15145335.jpg
カバーは洗剤で洗って、合わせ目に付いているパッキンはクレのラバープロテクターをスプレーしておく。

          クランクプーリーを取り付ける。
d0143700_1519516.jpg
          プーリーの下にガイドプレートを入れるのを忘れないように。
          回り止めを掛けて113N・mで締め付ける。

d0143700_15232265.jpg
補機駆動ベルトは新品に交換後、テンションを掛ける。
オイルレベルゲージも元に戻しておく。

d0143700_15262192.jpg
ベルトカバーを取り付けて終了。
やった~ でも長かった~(ブログにまとめるのが)
後はタイヤを付けてエンジンをかけてみて異常が無いか確認・・・O、Kだった。


それと追加でもうひとつ。

          
          アクティのヘッドライト光軸調整ネジは古くなると壊れてしまうと言う話なので確認してみる事に。
d0143700_15343559.jpg

やっぱりこれも修理が必要だった。
写真手前のネジの先に付いているギアが割れている(古くなるとこの樹脂が縮んでひび割れる)
ギアボックスの中は手前の空間にネジ付きのギア、中間にアイドラーギア、その先にレンズユニット内の
シャフトにはまるギアという順にギアが並ぶ。
調整ネジに付いているひび割れたギアをそのまま脱脂してからアロンアルファで固めて、何とか空回りせずに使えるようになった。
ギアボックス内もきれいにしてから少しグリスを入れておく。

レンズユニットの裏に2本出ている金色の金属がユニット内の光軸調整のシャフトです。
ランプのバルブを外してそこから調整シャフトの根元にオイルスプレーを少しかける。(あんまり飛び散らせないようにね)
左右ライトの上下調節と左右調節の4箇所について同じように修理して普通に使える様になりました。
旧規格のアクティは、ほとんど全てがこうなっているらしいので要確認です。

今回のアクティ整備としてはその他にタイヤハウスを中心とする下回りの錆び対策、全てのオイル類の交換
各部増締め、可動部注油等の後にユーザー車検を受けに行ってO,Kでした。
今回色々と自分で整備してみてこのアクティがますます身近になった気がする。

この先は多分こんなタイトルで記事をアップすると思う・・・(ホンダ アクティ 修理 見た目編)
つまり板金塗装修理の事。
でも多分ブログになるのはかなり先だと思うんだけどね。


ここまでの修理作業について勘違いや間違いが有るかも知れません。
何か気が付いた方は気兼ね無く指摘のコメントを下さいね
[PR]
by alti865 | 2010-08-28 16:12 | 車&バイク | Comments(0)