<   2011年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧
水仙と桜の頃


家の裏の斜面の水仙もようやく満開になってきた。

d0143700_2341674.jpg


d0143700_2343831.jpg



          この地区に有る昔の分校跡地の桜も3~4分咲きって感じかな?
          足元の水仙がなかなかすてきだ。
d0143700_235031.jpg


d0143700_2351637.jpg



そういえば最近ちょっと面白い事が有った。

何日か前の夜、家の洗濯機置き場に20Lのポリ桶に味噌を入れて置いてあるのだけど(知人からの頂き物)
その辺りでごそごそと音がして部屋の中にいる猫たちがすごく警戒している様子だった。
静に覗きに行くと味噌桶に顔を突っ込んでいるやつが居る。
部屋にあった木の棒を手に「こらっ」っと大声で呼びかけるとこっちを向いた奴は・・・アナグマ。
けっこうとぼけた顔をしていて、すっとんで逃げていったけどそういえば前の日にも味噌桶の蓋がずれていて
猫の誰かが飛び乗ってずれたんだろうと思っていたんだけどあれもアナグマだったんだな。
まだ若い感じでけっこう綺麗な毛をして色も前に見た事がある奴より明るく白っぽかった。
舐められた味噌の表面は取ったほうがいいだろうなぁ。 何か寄生虫でもいそうだもんね。
アナグマの事を少し調べてみたら外国では愛嬌者の様に扱われていたけどこの辺りの人に聞くと
噛まれると指なんかすぐに千切れるぞって言う人が多かった(でも肉は美味しいぞとも言っていたな)
実は3日後にもう一度来たんだけどね(味噌は違う場所に移動しておいた)
今度は覗きに行くとすぐに逃げ出したのが少し可笑しかった。
[PR]
by alti865 | 2011-04-30 23:06 | 日々 | Comments(2)
インターネットラジオのインタビュー

ほぼ毎日関西のラジオ局のネットラジオで京都大学の小出さんのインタビューを行っているらしく
それを毎回録音してネット上に公開してくれている。

音声のみで一本10分前後と聞き易く(上下2本に分かれている時も有り)毎日の東電や保安局
そして政府の色々な発表が、どういう意味が有るとかその間違いや現実は・・・と言うような話を
非常に明確に説明してくれている。

たとえば福島県で再開した保育園や幼稚園、小中学校の放射線量は高濃度の場所が沢山有り
その場所で再開する事はとても危険と言うことが分かる。

今の福島第一原発の状態がよく分かります。
テレビだけを情報源にしていると何か原発は落ち着いてきていると勘違いしそうだ。
[PR]
by alti865 | 2011-04-21 23:06 | 原発事故 | Comments(0)
4月14日のアルプス公園

松本市内のアルプス公園に毎年カタクリの咲く場所がある。
今年も様子を見に出かけてみると良い頃合いだった。
ただ夕方近くの時間だったので写真を撮り始めるとすぐに日陰になってきて、あまりゆっくり撮れなかった。


d0143700_23475117.jpg


d0143700_2347129.jpg


この公園は市街地より少し標高が高いので桜はまだ早く梅の花の季節の後半位だった。
[PR]
by alti865 | 2011-04-17 23:50 | 日々 | Comments(0)
お花見日和だけど

今日日中から明日にかけて風向きでこんな感じだ。
d0143700_13282853.jpg


今現在の福島第一発電所の状況は変化がなさそうなので
この飛散具合で今日明日の各地の放射線量がどの程度増えるかを見てみたい。
それによって原発の状態が今のまま継続している時に、風に乗って飛散してくる物の影響が有る程度分かると思う。

でも発表せずに原子炉内の圧力を抜く為に内部の水蒸気やガスを放出する可能性も有るので
(その場合に風向きが上の図のようだとけっこう濃い放射性物質がやってくる事も有ると思う)
今日明日の各地(風の影響が有る場所)の放射線量が大した事が無かったとしても
その後まで安心出来るわけじゃないけどね(現に1号機だけ圧力容器内圧が毎日上がり続けている)

N95マスクをしながらお花見で飲むなんていやだね。
[PR]
by alti865 | 2011-04-17 14:03 | 原発事故 | Comments(0)
(趣味の)業務連絡・・・

d0143700_1394823.jpg
この黄色で囲った4箇所辺りに液体パッキンを付けるようです。
おそらくカバー取り付け平面とカムシャフトの取り出し部の半円の立ち上がりとの
90度位の角度の部分の押さえが効かない為だと思います。

私の場合はパッキンを再利用したので全面に液体パッキンを塗りましたが
4本有るボルト部分のパッキンが硬化していて切れてしまったので液体パッキンで何とかごまかしました。
[PR]
by alti865 | 2011-04-17 13:21 | 車&バイク | Comments(1)
足元にも春

4月13日の家の裏の足元付近。
d0143700_23464945.jpg
背が低いオオイヌノフグリなので、青空バックで撮れる状況はやっぱり難しいなぁ。


d0143700_1364467.jpg
春のほわ~んとしたイメージだとこんな感じなのだが、ただのピントが合ってないだけと言われればそのとうり。
[PR]
by alti865 | 2011-04-13 23:47 | 日々 | Comments(2)
一昨年の今頃は?

ブログって言うのを始めてみて思った事は・・・

日記を書いた事は有るが続かなかった(ビジネス用の3年分有るようなのは空白だらけだ)
ブログだと写真が趣味って事も含めて何とか3年以上続いている(更新が1ヶ月以上途絶える事は多々有るけど)
気が付けばけっこうな記録になっている事に気が付く(あっ、自分にとってと言う意味ね)

過去のこの時期はどうだったけ?とたどっていくとこんな季節だったんだ!
これは一昨年(2009年)の春のこの時期(去年はまだ雪が降ったりしていた) カタクリは大好きな花の1つだ。 

今、家でやっている事が一段落しそうなので明日か明後日にも2009年写真の場所のアルプス公園に行ってみたくなった。
松本市街地ではサクラの時期だというのは知っていたけど何だか忘れていた。
カタクリの花の時期かぁ いいなぁ~。
[PR]
by alti865 | 2011-04-13 21:18 | 日々 | Comments(0)
4月5日の福寿草

花から種になりつつある時期。
d0143700_0105160.jpg


3月20日はこんな感じで花盛りの真っ最中だった。
d0143700_19475346.jpg


何だかいつの間にかすっかり春になっていたんだな。 
この1ヶ月いっきに色んな事を調べたり考えたりしてようやく何を見て
こういう場合にはこうして、どういう事に注意していれば良いかがおおよそ分かった。
さてと・・・とりあえずはここの畑で野菜を作ろう。
悪い事態になった時は無駄かもしれないけどぎりぎり大丈夫の時は自分の場所の物の方が
汚染具合は分かり易く、分かってて食べるかどうかの判断は付けられると思う。

今年の秋頃以降は米や野菜等の農作物で安心して食べられる物は少なくなると思う。
1993年だったかなぁ? 夏ごろまで雨続きで米の大不作で米不足になった年。
その時は輸入米で何とかしのいだけど大騒ぎだった。
そんな事が有ってから思ったんだけど、あれって一年だけで済んだからそれっきり騒ぎにならなかったけど
2~3年続いたりもしくは同時期に日本以外の場所も大不作だったり
輸入先が何か(例えば原発事故とか)広範囲に問題が有ったら
本当に日本で食べ物(この場合は米)が無くなってしまうよなっとよく思っていた。
何かみんなぜんぜん話題にも出なくて心配じゃないのかな?とも思っていた。
でも輸入先じゃなくて、この国の中で広範囲に問題が起こってしまうとはその時は想像していなかった。

福島原発が今のままこれ以上大きな問題が無く一番良い状態に収まるとしても
1年前後(もしかしたらそれ以上の期間)今のように海や空気に放射性物質を出し続ける。
最終的に落ち着くまでには30~50年以上かかる。
それが今からでも1ヶ月後、1年後・・・どれだけ海や地面や生き物を広範囲に汚し続けその結果を長引かせるのか・・・
大きな余震はこの先も頻繁に来る中で、今の原発の状態で時間をかけて収められる期待があまり出来ない。
[PR]
by alti865 | 2011-04-13 00:13 | 原発事故 | Comments(0)
今朝、少し揺れたけどこの辺りは大丈夫。

7時26分頃部屋に居ると少し揺れた。 今までの感じで長野県北部だなっと思っていた。
その後続いて千葉方面も揺れている。 余震はまだまだ長く続くのだろう。


さてと・・・今朝は4月5日の信州の景色、北アルプス展望。
d0143700_8301272.jpg
春、まだ沢山の残雪が有る北アルプスの景色は何時も見とれてしまうんだよ。
[PR]
by alti865 | 2011-04-12 08:29 | 日々 | Comments(0)
4月10日 家の裏の斜面

今まで少しずつ家の周りの小さな季節の移り変わりを撮っていたけどなかなかアップする気になれなかった。
でもこれから少しずつブログにアップしていきますね。


まずは昨日10日の水仙
d0143700_23582249.jpg
もうすぐ咲きそうだ(蕾の中に花びらが透けて見える)
[PR]
by alti865 | 2011-04-12 00:00 | 日々 | Comments(0)