カテゴリ:山歩き( 13 )
10月23日 戸隠山に登ってみる(4)

下山は一不動避難小屋の有る鞍部から東側に谷を下って戸隠牧場へ向かう。
下りはじめて10分位で氷清水と言われる水場に着く。
砕けた岩でザクザクした谷から水がしみ出しはじめる場所にパイプが刺してある水場。
この先は小石(小岩)でザクザクの谷を水の流れと共に下っていく。
この先鎖場が2ヶ所有ってどちらも濡れた大岩を横ぎったり下ったりする。
鎖が濡れているので手が滑らないように注意!
疲れてくる時間なので油断しているとかなり危ないと感じた場所。


途中の写真が無くて、これは牧場上部の林に出た所。
d0143700_21171260.jpg



d0143700_2119249.jpg
この場所は良い場所だったね。

d0143700_21502248.jpg
          平らな場所の広葉樹林はとてものんびり出来る。


牧場の平らに出た所。
d0143700_2151322.jpg
午後から少し雲が出てきたけど下山時まで気持ちの良い天気だった。
この後、下の道路に出て奥社入り口の駐車場まで一区間だけバスに乗った。

奥社駐車場→奥社→蟻の塔渡り→八方睨みまで約3時間
八方睨み→一不動→戸隠牧場まで約4時間  久しぶりによく歩いたなぁ。
[PR]
by alti865 | 2010-10-30 22:08 | 山歩き | Comments(2)
10月23日 戸隠山に登ってみる(3)

八方睨みからの展望を見てみよう。



d0143700_12521040.jpg
          八方睨みから稜線づたいに西南西方向が西岳(すごい岩場の連続らしい)


d0143700_1324574.jpg
北東方向はこれから向かう九頭龍山から一不動方面。
稜線の向こうに頭を出しているのは黒姫と左端にほんのちょっと覗くのは妙高山。


d0143700_13692.jpg
九頭龍から一不動とたどり、その先には高妻山(かっこいい山だね)
左下の踏み跡は西岳へと続く道だ。

八方睨みから歩き出し戸隠山まではほんの少し。
戸隠山頂の展望はまあまあだけど八方睨みからの方がすごかったね。


こんな感じの稜線を歩いて行く。
d0143700_13141928.jpg
右側は断崖になっている場所がほとんどなので注意(写真中心から1センチ位上に歩いている人がいるのが見えるかな)
多分この辺りが戸隠奥社から上の方に見える岩の稜線だと思う(こっちからも奥社が見えるからね)


d0143700_1323365.jpg
稜線を辿って鞍部に有る一不動避難小屋に到着。
ここから東側に谷を下って戸隠牧場に下山するんだよ(そのまま稜線を行くと高妻山方面へ)
ここで午後1時位だったかな? 良い天気が続いて嬉しい!


                                                    (続く)
[PR]
by alti865 | 2010-10-28 13:28 | 山歩き | Comments(0)
10月23日  戸隠山に登ってみる(2)

d0143700_21213171.jpg
          しばらく尾根を行くと百間長屋といわれる岩場に出る。
          (このすぐ手前にも五十間長屋といわれる岩場あり)
          ここを過ぎると岩場+鎖の箇所が何ヶ所か続く。


d0143700_21292365.jpg
鎖の有る所は油断しなければ大丈夫(本当に緊張するのはこの後だ)


d0143700_21313231.jpg
途中の見晴らしの良い所からの展望はとても素敵だったね。
こういう空は成層圏の空気が見えるような気がする(鏡池も見える)
鏡池の真上位に富士山が見えているんだけどこの写真では小さくて分からないね。


d0143700_2136272.jpg
    百間長屋以降こんな感じで岩場が続く。



いよいよ蟻の塔渡り(蟻の戸渡り)そして剣の刃渡りと言われる危険箇所に到着。
d0143700_2138128.jpg
写真では分かりづらいけどここは本当に危ない場所だ。
まず蟻の塔渡り・・・通る稜線の幅が40~50センチ位かな?長さが約20メートル。
例えれば跳び箱・・・跳び箱の一番上の段の上面幅40~50センチ、跳び箱の長さが20メートル位。
問題は跳び箱の高さ・・・150メートル!!! 
つまり150メートルの高さの岩で出来た跳び箱の上にまたがってズリズリと20メートル位前進。
下や周りを見るとすくんでしまうので見たくはないけど目に入るよね。

続いて剣の刃渡り・・・今度は長さが短く約5メートルだがその幅が20センチ位しかない!!
長さ5メートルの跳び箱の一番上の幅が20センチ位(高さは150メートルね)
私、高所恐怖症気味です・・・怖くて呼吸が荒くなったよ。
でも割合と平気で通る人もいるんだよね、高さに強いんだなぁ。


d0143700_2224773.jpg
通り過ぎて振り返り横から見たらこんな感じの場所(左下の稜線が蟻の塔渡りと剣の刃渡り)
右の高台が八方睨みと言われるとこで戸隠山の山頂のひとつ手前のピーク。
ここはその名のとおりとても展望の良い所でゆっくりと昼食を食べて休む。


d0143700_2273376.jpg
          八方睨みから蟻の塔渡りを見てみるとこんな感じ。
          岩尾根にまたがっている先から右下にまくコースを行く人もいるが
          ここも尾根通しと同じ位危ないけどね。


                                           (続く)
[PR]
by alti865 | 2010-10-27 22:14 | 山歩き | Comments(0)
10月23日 戸隠山に登ってみる(1)

先週の土曜日にすごく久しぶりに山に登ってみました。
コースは戸隠神社奥社→戸隠山→九頭龍山→一不動避難小屋→戸隠牧場
順番に写真をアップしてみますね。



d0143700_01262.jpg
          奥社入り口駐車場に車を置いてまずは奥社まで歩き出す(途中の随神門)
          この先から両側に杉の大木の有る参道になる(吉永小百合のコマーシャルの場所だね)


d0143700_823307.jpg
この日はとてもいい天気だった。
この写真の上の岩でガキガキの稜線をあとで歩くんだよ。


d0143700_0262454.jpg
奥社左横から尾根に取り付き急斜面を登って、尾根下部に出た所に有る大岩。


d0143700_0294669.jpg
          緩やかな紅葉の尾根を歩く。

                                 
                                           (続く)
[PR]
by alti865 | 2010-10-27 00:31 | 山歩き | Comments(0)
夏の美ヶ原

この前の日曜日、思い出の丘→武石峰→突き当りの駐車場(自然保護センター)を歩いてみました。
夏真っ盛りなんだけど曇りがちの1日で、遠景は霞んでいてあまり良く見えなかったなぁ。

d0143700_22272796.jpg
夏の間は暑すぎる下界をさけて、ここで過ごしているアキアカネ。
秋になると赤みも増して里に降りるのか。
右から左へとすごく大きな群れが移動中だった(おおよその数で1000匹位はいたと思う)

d0143700_22344487.jpg
夏の美ヶ原のアサギマダラ。
自然の生態を知らなくて困ってしまうのだけど
この蝶は夏の終わりから秋の頃、南西諸島や台湾方面まで飛んで行くらしい。
このヒラヒラの蝶が沖縄なんかまで飛んでいく!そしてまた春~夏頃にこっちまで飛んでくる!
本土と南の方で夏と冬に繁殖しているって事かな?
一度ちゃんと調べてみようっと。

d0143700_22483452.jpg
今はアザミの花盛りの季節(これも正確な名前を知らない・・・)  ノアザミっていうアザミかな?

d0143700_22532553.jpg
          これは知ってるし好きな花だ、ハクサンフウロ
          フウロ・・・風露・・・うん、いつもそんな所に咲いているぞ。

d0143700_22585923.jpg
マツムシソウはこの季節には少し早かった。
2~3本しか見れなかったな。

もう少し写真は有るんだけど今回はこの辺にしておきます。
しかし暑い日が続くなぁ、しかも今年の夏は信州にしては湿度が高いように感じる。
夜が蒸し暑い日はこの辺りでは少ないんだけど今年はけっこう有るんだよ。



追加であと少し写真を入れてみますね。
d0143700_202811.jpg
ウスユキソウ・・・これも今が花盛りだった。

d0143700_20285374.jpg
これはコウリンカというらしい。
いい感じのオレンジ黄色・・・コウリンカかぁ 覚えたぞ。


美ヶ原方面の山を歩くと何時も思う事が有るんだ(25年位前から思っている)

それは・・・もし今のビーナスラインと言われる車の道が無くて・・・
たとえば・・・思い出の丘や武石峰辺りから南に車山の先くらいまで歩く道が有って(たぶん35キロ位だ)
ゆっくり、ゆっくり歩いて3~4日位として、途中、必要な場所に設備が整った山小屋が有る
(それぞれの小屋までは麓から車の道が有って駐車場も有り)

1600メートル~2000メートル位の緩やかな起伏の高原の道を
ゆっくり歩く事が出来て途中の宿泊施設も充実しているのなら
この場所を歩きたい人はとても沢山いると思う。

北アルプスや大きな山(と言ってもいろんな場所が有るけどね)の縦走では無くて
日本にはそんなふうに歩ける道は、なかなか無いと思う。
ほんとにそうならすごく素敵な事なんだけどなぁ~っと

美ヶ原や八島湿原近辺の気持ちの良い場所に居る時に、前からよく思っていた事なんだよ。
[PR]
by alti865 | 2010-08-03 23:05 | 山歩き | Comments(0)
真夏!

日ざしがとても強くても、ひんやりとした風が吹くのが気持ち良い。
d0143700_7464139.jpg
久しぶりの八島湿原。

ピントが甘い写真を無理やり絵にしてみたら本当に絵の具で書いたような写真になってしまった。
それはともかく、色合いについてはペンタックスK-7の「リバーサルフィルムモード」を少しいじった色なんだけど
もう少しだけあっさりとさせたいな。
[PR]
by alti865 | 2010-07-29 07:48 | 山歩き | Comments(0)
戸隠 鏡池周辺


この前の月曜日に戸隠山麓の森林植物園に出かける事が出来ました。

紅葉真っ盛りと言うわけでは無かったけど気持ちの良い場所を歩けてとても良い気分で過ごせました。

この場所ではもう霜が降りているんだろうか紅葉する前の葉っぱも沢山落ちていましたが
綺麗な色になった木々の葉や幹が鏡池に映って、さらによい感じになっているのも見ることが出来ましたよ。


d0143700_221213.jpg


d0143700_2222270.jpg


d0143700_2232190.jpg


戸隠の峰
d0143700_225262.jpg


少し薄暗くなりはじめの帰り道
d0143700_228535.jpg


ここに来ると「ああ~、良い場所だなぁ」といつも思う。
今度は冬枯れの季節にも来てみたいね。
[PR]
by alti865 | 2009-10-22 22:14 | 山歩き | Comments(2)
ちょっとだけ美ヶ原へ


日曜日の午後から美ヶ原へ行ってきました(美鈴湖から上がって思い出の丘駐車場に車を置き少しだけ歩く)

日差しは強いのだけど空気が冷たくとても気持ちの良い気候でした。


d0143700_13193588.jpg



d0143700_131951100.jpg



d0143700_1320737.jpg


13日から夜がぐっと涼しくなったので山の上はもっと秋を感じるかな?と思っていたけど
標高2000m付近もまだ夏の様子で少しほっとしたよ。

この日の帰りに家のすぐ近くで小鹿に出会う(ぴょんぴょんと飛び跳ねて逃げて行ったけど)
[PR]
by alti865 | 2009-08-17 13:22 | 山歩き | Comments(5)
浅間山へ


26日に友人に誘われて浅間山に行く事が出来ました。

登りはじめ約1400m~上の草原約2000mまでですが
少し季節を遡った感じで2000m地点はまだ唐松の芽吹きの頃でした。

火山の風景は独特なものが有りますね。

d0143700_2016713.jpg
この日は午後から霞がかかった様になってぼんやりとした景色になってます。

d0143700_20175384.jpg
火山館手前から左手に外輪山が見えてくる。

d0143700_204026100.jpg
詳しくないのですが山桜の仲間かな?(タカネザクラのようですね)

d0143700_20353250.jpg
2000m付近はカラマツの新芽&花の季節だった。

d0143700_2036088.jpg
登る途中にはオオカメノキの花。

d0143700_20362562.jpg
本峰と外輪山の間の谷から始まる沢はこんな色合いで流れてくる。

浅間山は5年前にやはり今回誘ってくれた友人達と行ったのが初めてで
その時すごく印象深くまた行ってみたいとずーと思っていて
今回はあまり体調が良くはなかったけどまた行く事が出来てうれしかったね。

2000m付近はこれからが花の季節の盛りかな?


PENTAX K20D
SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO
[PR]
by alti865 | 2009-05-31 20:44 | 山歩き | Comments(3)
秋色の落葉松(カラマツ)


日当たりや標高の違いもある様ですが
だんだんと落葉松が色づいていますね。

d0143700_17383522.jpg


d0143700_17391278.jpg


d0143700_1739404.jpg



もう少し日にちがたつと全身黄金色になり、そしてすべて葉を落とし季節は冬へ。



PENTAX K10D
SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO
[PR]
by alti865 | 2008-10-29 17:35 | 山歩き | Comments(0)