リョービチェンソー ESK-3500の修理

え~っと、今回は知り合いのチェンソーの整備と修理の話。

リョービ ESK3500・・多分ゼノアのG3500系のOEMだと思う。

症状は燃料漏れと白煙が出る事がある・・白煙はとても良くない気がするぞ。
外観、中身とも細かな木屑で覆われていてエアクリーナーを外すとキャブレターの中まで
木屑でコーティングされているようになっていた・・これはエンジンの中もかなり痛んでいるかも知れない。

d0143700_23554919.jpg
          エアでゴミを吹き飛ばしてからシリンダー、ピストンを外してみる。
          細かな木屑はチェンオイルで固まっていてあまり取れなかった。
          ピストンとシリンダーに焼きつき有り。これは使っているオイルが良くないからだと思う。


d0143700_23555899.jpg
          エンジン部分とハンドル、タンク部分を分離。燃料ホースやグロメットに痛みは無いなぁ。
          燃料タンクのエアドレンが詰まっている気がするのでばらして掃除。
          焼きつきは軽症なのでサンドペーパーで落としてからオイル溝を付けておく。


d0143700_23561160.jpg
          クランクケース内をガソリンで洗浄後、タンク部分を付けてシリンダーも組み立てる。
          キャブレターをばらして掃除。
          ダイアフラムは痛んでいない社外品が付いているのでまえに誰かが交換しているようだ。


d0143700_23571189.jpg
          今回のいちばんの問題はオイルポンプだった。
          どうもチェンオイルに植物性のものを使っていたようでポンプが固まっているぞ。
          なのでウォームギアが壊れてチェンオイルが出ていなかったようだ。
          白煙っていうのはチェンとバーが焼けたのかもしれない。
          それとチェンブレーキが焦げてカバーが溶けていたので白煙はこっちかな?


オイルポンプは自分の余っていたものに付け替える(買うと5000円位するんだよ)
チェンオイルをタンクから抜いてガソリンで洗ってよくある鉱物性のものを入れる。
自然分解性が高い植物性オイルは毎日使っているといいんだけど
たまにしかチェンソーを使わないならオイルポンプの中で固まってギアを壊すようだ。

チェンブレーキ周りは溶けたプラスチックを落とすとまだ使えそうだった。

燃料漏れは治まっているのでエアドレンが詰まってタンク内圧が高くなってグロメットから漏れたか
エアドレンがゴミでピッタリと閉じずにそこから漏れたか、かな?

バーもけっこう傷んでいたのはやはりチェンオイルが出ないまま使っていたからかも知れない。
でもまだ軽症なのでバリを削り取ってスプロケットにグリスを入れるとまだ使えそうだった。

後はソーチェンの研ぎが良くなかったので直す。

エンジンオイルはバイク用じゃなくてハスクバーナの50対1のものを使った方がいい。
でないと次回は本格的にエンジンを焼きつかす事になると思う。
チェンオイルは今の使い方だと植物性のものはやめておいた方がいい。
細かな木屑がこびりついていたのはこのチェンオイルと切れないソーチェンのせいかな。

そしてハスクオイル混合の燃料を入れてキャブレターを調整して使ってみると・・とても調子がいい!
[PR]
by ALTI865 | 2016-01-27 23:58 | チェンソー | Comments(0)
<< さよなら ホンダアクティ プラグホール内へのオイル漏れ修... >>