3:ホンダアクティ エンジンプラグホール内へのオイル漏れ修理


これはなかなか役に立った修理だった。

以前からプラグホールの中にエンジンオイルが溜まってきているのは知っていたが
そんなにエンジンの調子に変化を感じなかったので何年もそのままにしておいたけど
ここ1年位で燃費が落ちてきたのでいよいよ修理をしてみるかなという話。

プラグホールにエンジン内のオイルが溜まってしまうのはヘッドカバーのプラグホール部分の
パッキンとその下側にあるロッカーアームホルダー(こんな名前かな?)とシリンダーヘッドの間にある
オーリングの部分からオイルが漏ってくるからだ。



d0143700_22533097.jpg



d0143700_22542450.jpg
          まえにタイミングベルトを交換した時に液体パッキンを塗ってヘッドカバーのパッキンを再利用したんだった。


d0143700_22545690.jpg
          アクティを中古で買ってから最初の車検時に開けた時より中は綺麗だ。
          適切にオイル交換しているとこうなんだな。


d0143700_2255367.jpg
          ロッカーアームのホルダーを一体で取り外すのだけどバラバラにしないようにボルトを針金で繋いでおく。


d0143700_22563232.jpg
          無事に取り外し成功。この下側にプラグホールのオーリングが有る


d0143700_2257590.jpg
          古いオーリングは硬くなっているので交換。
          オーリングは内径31mm、線径2.5mmだったかな?自分で計ったので正確ではないかも。
          耐油のオーリングなら汎用品でも使えるんじゃないかなと思った。


d0143700_22573432.jpg
          カムシャフトが剥き出しのヘッド部分。
          両端のオイルシールとオーリングはこのまま使って大丈夫なのか疑問だったけど
          そのままにしたよ(オイル漏れするかな?)


d0143700_22594796.jpg
          液体パッキンをここに塗ってくれという事なんだけど
          もしかしたらカバーの溝側にもこの位置に塗った方がいいのかも知れない。


(忘れるので記録として・・)
ロッカーアームアッシーを取り付けるときは内側のボルトから何回かに分けて締めていく(締め付けトルク2.2Kg-m)
ヘッドカバーのボルト2本が入る部分が長くなっているのでトルクレンチを使う時に8mmのロングソケットがいる。
ヘッドカバーのボルト4本は1.2Kg-mだった。
バルブクリアランスは IN 0.18-0.22mm EX 0.25-0.29mm これはM-HH4の数値なのでV-HH4も同じかどうかは分からない。
今回はINもEXもいちばん広い側に合わせてみた。
アジャストスクリューのロックナットの締め付けトルク 1.4Kg-m


今回はこの後・・

d0143700_9401137.jpg
          ディストリビューターキャップの掃除とローターの掃除。

d0143700_9421570.jpg
          フューエルフィルターの交換(ポンプ側のホースにはけっこうな燃圧が掛かっているので注意だよ)
          今回の17万キロ走行まで交換した事が無いフィルターは錆で赤くなったガソリンが留まっていたぞ。


そしてプラグ交換、オイル+エレメント交換(モリドライブのレスキュー 10W-40がとても良かった)
キャブレタークリーナー(ヤマハの泡のやつがとても良い)でキャブレター内の掃除。
エアエレメントの掃除。

今回の車いじりの結果・・とても良い!
この後に甲府方面に往復したんだけど行きは高速で甲府昭和まで、帰りは20号線で来て
そのあと普段使いで計400Km位の燃費が17.5Km/Lだった!
多分普通に乗って平均16Km/L位に戻ったと思う。
来年で20周年で現在17万キロ走行の軽自動車としてはかなり良いと思うのだけど。
プラグホール内へのオイル漏れを直す前は13Km/L前後に落ちていたので今回の車いじり効果は絶大だった!
[PR]
by ALTI865 | 2015-12-14 22:24 | 車&バイク | Comments(0)
<< 4:ホンダアクティ リーフスプ... 2:ホンダ アクティ フロント... >>